心理カウンセラー、古村勇介の無料メルマガ登録で特典進呈
 心理学・脳科学を使った恋愛マニュアル メルマガ登録
メールアドレス: 
名前: 

2010年05月23日

悪用厳禁!媚薬・催淫カクテルの作り方

悪用厳禁!媚薬・催淫カクテルの作り方

img_1023413.jpg


『アダルトドラッグ読本』(日本出版社、1997年発行)で紹介されていた、催淫カクテルの情報を参照、再編集した、女性と快楽を楽しむための、媚薬・催淫カクテルの作り方情報です。
あくまでカップルがより快感を求めるための情報で、悪用厳禁です。

女性用媚薬・催淫剤の効果・作り方

★『女性を自分のモノにする媚薬・催淫剤マニュアル
posted by kencompany at 11:32| Comment(0) | 媚薬・催淫剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

バラの香りの催淫作用

古代から、世界中の女性の憧れとして愛されてきた「バラ」。

この「バラ」、なぜこうも古くから女性に愛され続けているのでしょう。美しい姿や香りというものも私たち女性を惹きつけるのですが、それ以上に「バラ」には実は「幸福感」をもたらす「ゲラニオール」という成分が含まれており、これに「媚薬の効果」があると言われています。


※ゲラニオール (geraniol) はゼラニウムから発見された直鎖モノテルペノイドの一種。主にローズオイル、パルマローザ油、シトロネラ油に含まれる。また、ゼラニウムやレモン、いくつかの精油にも含まれている。鎮痛作用、興奮作用、収斂作用、抗不安作用、皮膚弾力回復作用がある。
無色または薄い黄色の液体で、水には溶けないが多くの有機溶媒には溶ける。バラに似た芳香を持ち、広く香水に使われている。また、モモ、ラズベリー、グレープフルーツ、リンゴ、プラム、ライム、オレンジ、レモン、スイカ、パイナップル、ブルーベリーのような芳香としても用いられる。

女性用媚薬・催淫剤の効果・作り方

★『女性を自分のモノにする媚薬・催淫剤マニュアル
posted by kencompany at 08:18| Comment(0) | 媚薬・催淫剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

催淫作用を期待できる精油:サンダルウッド

サンダルウッドは、悩ましく異国風の芳香を持つことで知られていています。

サンダルウッドには、男性の汗に含まれる物質に似た成分が含まれているといわれており、これに催淫効果があるとされます。

ビャクダンはこの植物のことを指していて、昔から日本でも知られていました。

サンダルウッドのエッセンシャルオイル(精油)は、膀胱炎や性尿路系にきわめて効果的に働きますので、不調の場合には腎臓の部位をマッサージして下さい。そうすることにより、抗炎症作用、浄化作用を発揮します。 催淫特性もあり、インポテンツや冷感症のような性的障害を改善します。理由としては、障害の根底にある不安を取り去るからだといわれています。また、リラクゼーションを促し、幸福感で満たしてくれます。性器を浄化する働きもあるので、以前は性的に感染する病気を好転きせるためにも使われました。また、膣内の分泌を促すためにも使用されます。

女性用媚薬・催淫剤の効果・作り方

★『女性を自分のモノにする媚薬・催淫剤マニュアル
posted by kencompany at 21:27| Comment(0) | 媚薬・催淫剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

媚薬としてのアロマテラピー

中世のヨーロッパでは「媚薬」を作る人を「魔女」と言い、高級階級の人々で大流行していたと言う資料も存在します。そして現代医学が発展する中でそれらの成分の分析や調査が進められ、その結果ほとんどが「まじない」的なものであったり、「麻薬」に近い成分であったりすることがわかってきました。

しかし、その中でも注目を集めたのが植物から摂れる「媚薬」、それが「アロマテラピー」として世に広がっている「精油」だとも言われています。

「植物のエッセンスである精油は嗅覚を通じて人体に変化を起こさせる。したがってこれを正しく用いれば治療に応用することが出来る」というのがアロマセラピー理論の出発点で、インポテンツや冷感症などの治療にも用いられてきました。

男性のみなさんは、アロマテラピーと言われてもよく知らないでしょうが、有名なのがラベンダーやカモミールといったハーブや花の成分(精油)を、様々な治療に使うもので、エステサロンなどでマッサージオイルの材料として使われたり、アロマポット、アロマランプなどで精油を温めて部屋の中で香りを漂わせてリラックスしたりという使われ方が人気です。

媚薬としての精油(アロマオイル)

最近の香り研究で、花の香りに異性をひきつける香りの分子が見つかるなど、恋に効果的な香りの成分が次々と発見されています。

例えば、香水などに多く使われている「イランイラン」この香りの成分に<はテストステロンに似た物質が含まれていることが発見されました。
テストステロンとは性衝動を引き起こすホルモンで、好みの異性を見てときめくと多量に分泌されると言われるホルモンなのですが、イランイランの香りを嗅ぐと脳でテストステロンが分泌され、異性にときめいたと勘違いする効果があると発表されたのです。

その他複数の香りに「催淫効果」が発見され、香りによって異性をひきつけることが実証されつつあるのです。

女性用媚薬・催淫剤の効果・作り方

★『女性を自分のモノにする媚薬・催淫剤マニュアル
posted by kencompany at 17:22| Comment(0) | 媚薬・催淫剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

腋の匂いがフェロモン?

腋の下の匂いがフェロモン?

腋の下などに多数あるアポクリン腺分泌物(若いころはニキビの原料)がバクテリアが脂肪とホルモンを分解して初めて人はフェロモンと感じるのではないかという考えがあります。

古い記録によると

女たらしの男がハンカチを脇の下にはさんで一日畠仕事をし、夜はそのハンカチを胸ポケットにさし、パートナーの鼻先にくるようにし、デートは大成功だったと言います。

また、イギリスで高級娼婦は「とある部分に身に付けた」ハンカチを売りさばいて大儲けしたと言います。文脈からしておそらく排卵直前の膣分泌物だと思われます。

この哺乳類のオスの汗腺から出るアンドロスタノールは、人間を含むすべての哺乳類のオスがメスを誘因し、発情させるために発している体内生成物質で、人間で言えば女性を性的に興奮させる性衝動誘発物質だという説があります。

鼻から吸い込まれたアンドロスタノールは女性の小脳に直接働きかけ、交換神経に刺激を与え、刺激を受けた交換神経は身体に交配の準備をするよう指令を発します。
これが女性の身体の各部位に伝達されると発汗、血管の拡張、バルトリン腺液(愛液)の分泌、陰核(クリトリス)の肥大などの現象が生じます。これらの現象を脳が感知し、セックスの準備ができたと解釈します。これが相手に対する「好感」という形で認識されます。

1986年に フィラデルフィアのMonell Chemical Senses Centerの研究者、George Pretiと Winnifred B. Cutlerが発表し、ワシントン・ポスト、USA TODAY、TIMEなどに掲載された実験によると、週に一度、男性の脇の下からの分泌物を女性の上唇に少しつけると生理の周期が安定する、というもの。

同様の検証はあちこちでなされていて、ケンタッキー大学ではアンドロスタノールを吹き付けた男性の写真に女性がより好感をもった。

歯医者の椅子に吹き付けておいたところ女性は他の椅子より好んで吹き付けた椅子を選んだ。

イギリスのテレビ番組では双子の片方に吹きつけたところ、外見はまるで同じなのに片方よりも女性に人気があったと。

と言うように、人間のフェロモンについて、様々な実験が行われ、異性を惹きつけるためのフェロモン香水が販売されていますが、その効果についてはまだまだ不明な部分が多いのが現状です。

難しいのは、「仮に、フェロモンが存在して、我々が受容したとしても、他の五感のように認識できない」ということです。

神経回路から判断すると、フェロモン情報は脳の高次中枢の大脳皮質に到達しない可能性が高いのです。

つまり、フェロモン情報を特定の感覚として認識できないとおもわれます。いわゆる、意識下(サブリミナル)な情報として、脳に入力します。したがって、動物では、本能行動とよばれる行動を引き起こします。

「あの人とは何となく波長があって、そばにいると心が和む」とか「なぜだかわからないが、あいつとは相性が悪い、一緒にいるとイライラする」とか「あの子が隣にいると、どうも、年甲斐もなく胸がときめいてしかたがない」といった、理屈では説明の付かない心身の反応には、本人も気がつかない状態でフェロモンが関与しているのかもしれません。

人間のフェロモンについての研究には、今後は心理学的な解析も必要となると思います。

女性用媚薬・催淫剤の効果・作り方


★『女性を自分のモノにする媚薬・催淫剤マニュアル
posted by kencompany at 22:45| Comment(0) | 媚薬・催淫剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
女性用の媚薬・催淫剤の効果、作り方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。