心理カウンセラー、古村勇介の無料メルマガ登録で特典進呈
 心理学・脳科学を使った恋愛マニュアル メルマガ登録
メールアドレス: 
名前: 

2010年05月24日

サンダルウッドの媚薬効果

白檀(サンダルウッド)は、熱帯アジア原産のビヤクダン科の半寄生常録小高木です。幼樹のうちは、他の木に寄生しています。木の心部には特に強い芳香があり、これから抽出した精油(サンダルウッド油)は重要な香油で、いろいろな香料に添加されます。ビヤクダンは薫香のほかに、仏像や扇などの工芸品に利用されます。栴檀は、白檀の別名でもあります。

気持を鎮め、おだやかな心の状態に入るのを助けるために、インドではヨガの瞑想時にビヤクダン(檀香)が焚かれます。また、宗教的な儀式や行事のときにも、檀香や精油が用いられます。場と心を浄めるためです。ビヤクダンの香りには持続性があり、静かに人の心を和ませるだけでなく、穏やかな興奮状態を起こさせます。

ビヤクダンの香りの主成分は、精油のサンタロールで、ほかにテレサンタロール、テレサンタール、サンタール酸、サンテンなどの成分を含んでいます。
ビヤクダンの香りは、心を落ち着かせて抑うつや緊張を取りのぞき、のびのびした気分にしてくれます。心身ともに解放されたなかで、香りによって性的欲求が刺激されてゆくのです。

ワンダ・セラー著「アロマテラピーのための84の精油」にも、サンダルウッドの項には、『注意事項』として、『この精油の催淫特性はそれは有名ですから、これをお使いになるときは、ご自分の責任で危険をおかすつもりでいて下さい。』と、あります。


女性用媚薬・催淫剤の効果・作り方

★『女性を自分のモノにする媚薬・催淫剤マニュアル
posted by kencompany at 09:30| Comment(0) | 媚薬・催淫剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
女性用の媚薬・催淫剤の効果、作り方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。