心理カウンセラー、古村勇介の無料メルマガ登録で特典進呈
 心理学・脳科学を使った恋愛マニュアル メルマガ登録
メールアドレス: 
名前: 

2010年05月24日

ジャスミンの媚薬効果

「精油の宝石】といわれるジャスミン。
ローズが「精油の女王」ならばジャスミンは「精油の王」とい言われています。
とりわけ女性に好まれる香りです。

ジャスミンエッセンシャルオイルのもうひとつの有名な効果は催淫効果です。昔から魔女の媚薬の主成分として用いられていました。女性を興奮させたり、男性のED治療に用いたりすることもできます。
ジャスミンエッセンシャルオイルの媚薬効果は、子宮を収縮させる効果があるので、臨月の妊婦の分娩を促進し、そして逆にその痛みを和らげる。ホルモン分泌調整、乳汁分泌、子宮活性、強壮などの機能があります。

いわゆる「催淫剤」として古くから知られるジャスミンの香り。パートナーと一緒にマッサージすれば、濃厚な花の香りに包まれて幸福な感じを覚えます。ジャスミンは精神を高揚させるため、うつうつとしたときや落ち込んだときに好ましいでしょう。


香りを嗅ぐと脳内に神経伝達物質の一種であるエンケファリンが放出されるという話も。エンケファリンは快感物質といわれる脳内ホルモンです。ジャスミンは心に自信や暖かみを回復する助けになります。

ジャスミンを使うと、敏感になった乳首もクリトリスも立ちっぱなしだとか・・・。

女性用媚薬・催淫剤の効果・作り方

★『女性を自分のモノにする媚薬・催淫剤マニュアル
posted by kencompany at 20:14| Comment(0) | 媚薬・催淫剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
女性用の媚薬・催淫剤の効果、作り方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。