心理カウンセラー、古村勇介の無料メルマガ登録で特典進呈
 心理学・脳科学を使った恋愛マニュアル メルマガ登録
メールアドレス: 
名前: 

2010年05月27日

ホルモンが支配する性欲

気分が良い、気分が悪い、あの人が好き、あの人が嫌い、悲しい、ツライ、嬉しい。
これらの感情はすべて、人間の脳内に生成される様々なホルモンによって左右されていることがわかっています。

恋愛感情、性欲にも、この脳内ホルモン=化学物質が大きく関わっているのです。

つまり、
恋は化学作用なのです。
そして性欲も化学作用。

今、フェロモンと並んで最も注目を集めているのが、人の恋愛感情や性欲と深く関係している二つの脳内物質です。

それは、フェネチルアミンとオキシトシンです。

詳しくはまた明日にでも書きたいと思います。

女性用媚薬・催淫剤の効果・作り方


★『女性を自分のモノにする媚薬・催淫剤マニュアル
posted by kencompany at 06:22| Comment(0) | 媚薬・催淫剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
女性用の媚薬・催淫剤の効果、作り方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。