心理カウンセラー、古村勇介の無料メルマガ登録で特典進呈
 心理学・脳科学を使った恋愛マニュアル メルマガ登録
メールアドレス: 
名前: 

2010年05月31日

恋愛ホルモン、PEA(フェニール・エチル・アミン)

PEA(フェニール・エチル・アミン)
フェネチルアミン (phenethylamine) はアルカロイドに属すモノアミン(アミノ基を一個だけ含む神経伝達物質または神経修飾物質の総称)。

人間の脳において神経修飾物質や神経伝達物質(微量アミン)として機能するとされている。無色の液体で、空気にさらすと二酸化炭素 (CO2) と反応して炭酸塩を形成する。天然ではアミノ酸であるフェニルアラニンの酵素的脱炭酸によって合成される。

食物の中にも存在し、特にチョコレートなど微生物発酵したものに多く見られる。そのような食物を多量に摂取すると、含まれるフェネチルアミンによって向精神薬のような効果が得られるとする者もいるが、モノアミン酸化酵素 (MAO-B) によって速やかに代謝されるため脳に高濃度のフェネチルアミンが集積することはないと考えられる。

フェネチルアミン骨格を持ち、幻覚剤としてレクリエーション目的に使用される脱法ドラッグは、フェネチルアミン系と呼ばれる。トリプタミン系と同様、多数のドラッグがフェネチルアミン系であり、アンフェタミン、メスカリン、MDMA、MBDB、2C-B、2C-T-7などは覚せい剤もしくは麻薬指定されている。興奮剤的作用をする物が多く、覚せい剤やエクスタシーのデザイナードラッグと評される。

恋愛感情とフェネチルアミン

恋愛(片思いであっても)をすると、脳内でPEA(フェネチルアミン)という脳内ホルモン濃度が上昇します。

この恋愛に欠かせないホルモンであるPEAは、精神的に不安定の状態で、「ドキドキ」していなければ分泌されないものです。

だから、いわゆる「ジェットコースター」理論にも根拠があるのです。

ドキドキすることで、PEAが活性化すると、連鎖的にエストロゲン(女性ホルモン)、ドーパミン、オキシトシン、ISRH(インターステイティアル・リージング・ホルモン)などの恋愛ホルモンが分泌されます。

これらの連鎖反応が全身に伝わると、
胸がキュンとしたり、頬が赤くなったり、目が潤んだりするのです。

刺激が重要なのです。

女性用媚薬・催淫剤の効果・作り方


★『女性を自分のモノにする媚薬・催淫剤マニュアル
posted by kencompany at 19:40| Comment(0) | 媚薬・催淫剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
女性用の媚薬・催淫剤の効果、作り方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。