心理カウンセラー、古村勇介の無料メルマガ登録で特典進呈
 心理学・脳科学を使った恋愛マニュアル メルマガ登録
メールアドレス: 
名前: 

2010年06月21日

恋の媚薬、PEAのパワー

PEAは恋をすると分泌されるのではなく、
PEAが分泌されると、人は恋に落ちたと錯覚してしまうという。

つまり、気になる女性にこのPEAを分泌させることさえできれば、その女性が自分に恋したと同じ状況を作り出すことができるということです。

PEAを分泌させるには

では人は、いったいどのような時にこのPEAを分泌するのか?
それがわかれば、女性を簡単にものにできるのです。

PEAが分泌されるのは、こんな場合だと言われています。

・新しくて魅力的なもの
・もう少しで手に入りそうなもの
・自分から遠ざかっていこうとするもの

とういうことは、
例えば、初対面の女性に、思いっきり優しくしてあげて、ひょっとしてイイ感じと思わせておいて、突然彼女から遠ざかる。

そうすれば、理論的には、彼女は貴方に強い恋心をいだくことになります。

よく昔から言われることですが、「恋は追うと逃げる、逃げられると追いたくなる」ということが理論的にも正しいことがわかります。

脳は、「なかなか手に入らない」相手に燃えるのです。
小説家のオスカー・ワイルドがこう書いています。
「恋愛の本質は、不安定さである」


さて、恋愛の始まりに欠かせないPEAを、意図的に脳内に分泌させることは可能なのでしょうか?

その方法については、次回、書いてみたいと思います。


女性用媚薬・催淫剤の効果・作り方
posted by kencompany at 14:50| Comment(0) | 媚薬・催淫剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
女性用の媚薬・催淫剤の効果、作り方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。