心理カウンセラー、古村勇介の無料メルマガ登録で特典進呈
 心理学・脳科学を使った恋愛マニュアル メルマガ登録
メールアドレス: 
名前: 

2010年06月23日

チョコレートの媚薬効果

チョコレートとPEA(フェネチルアミン)

「媚薬効果があると言われている食べ物」のページでも書きましたが、チョコレートにはPEAが含まれていて、またチーズにはチョコレートよりも多量のPEAが含まれています。





神経伝達物質はPEA(phenethylamine)と呼ばれる神経伝達物質です。
このフェネチルアミンという物質は別名「LOVE MOLECULE」とも呼ばれています、
LOVE MOLECULEとは日本語で恋愛物質そのままですが。

このフェネチルアミンは恋をしているときに脳で放出される
物質のことです。つまりこの物質を含む食品を食べればPEAの
恋に落ちたときの状態と同じ感覚を引き起こすができるらしいのです。

しかし、
このフェネチルアミンを巡っては科学者の中でも意見が
分かれていて、チョコレート(チーズ)などを多量に摂取することで
チョコレート(チーズ)に含まれるフェネチルアミンによって効果が
あるという人とモノアミン酸化酵素 (MAO-B) によって代謝されるため
脳にフェネチルアミンが集積することはない(脳内に届く前に消化分解さ
れるので脳内の刺激にはならない)という人がいます。


曖昧であってやっても意味がないと思う方もいると思います。
しかしチョコレートに含まれる物質はそれだけではありません、
このチョコレートは脳内を刺激して、中枢神経系に作用する
エンドルフィンを分泌させます。

このエンドルフィンはモルヒネ同様の作用をもつ自然の鎮痛剤です。
このエンドルフィンは高揚感、陶酔感、多幸感をもたらすと考えられています、
(簡単に言うと食べた人は幸せな気持ちになりやすいということです)
そのため脳内麻薬ともいわれることがあります。


イギリスの研究ではチョコレートを食べている時とキスを
している時を比べると、チョコレートを食べている時のほうが
キスをしている時より心拍数が2倍高いことを発見しました。

興奮状態も調べた所、キスをしている時に比べチョコレートを
食べている時の方が興奮状態が4倍以上も持続したのこと。


PEAの他にはチョコレートには必須アミノ酸のトリプトファンなどが
含まれているため、セロトニンの材料にもなります。




女性用媚薬・催淫剤の効果・作り方
posted by kencompany at 19:31| Comment(1) | 媚薬・催淫剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ティファニー ペア リング:http://www.beautiful-tiffany.com/catalog/5.html
テイファニー ペア ピアス:http://www.beautiful-tiffany.com/catalog/4.html
ティファニー ペアブレスレット:http://www.beautiful-tiffany.com/catalog/3.html
ティファニー ペア ネックレス:http://www.beautiful-tiffany.com/catalog/2.html
グッチ リング:http://www.beautiful-tiffany.com/catalog/8.html
:
グッチ 指輪:http://www.beautiful-tiffany.com/catalog/8.html
グッチ ブレスレット :http://www.beautiful-tiffany.com/catalog/7.html
グッチ ネックレス :http://www.beautiful-tiffany.com/catalog/9.html
Posted by グッチ ピアス at 2011年04月26日 17:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
女性用の媚薬・催淫剤の効果、作り方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。