心理カウンセラー、古村勇介の無料メルマガ登録で特典進呈
 心理学・脳科学を使った恋愛マニュアル メルマガ登録
メールアドレス: 
名前: 

2010年08月16日

キスの効用

キスの効用
・キスをすると、30以上の筋肉を動かすため、良いエクササイズになる。
・ストレスホルモンが減少し、免疫力がアップする。
・記憶力がアップし、脳が活性化する。

2 (1).JPG

「人間はキスをするとき30本ほどの筋肉が動きまくり、これが良い方向に働くと長期的に自信が高まるだけでなく血液循環もよくなる」と、『体のふしぎ事典』の著者であるユルゲン・ブラーター氏が発表した。

このことを報じたアジアニュース『下載共有日報』の佐藤健一記者によると、「キスをする機会のない童貞はキスをしまくる人と比べ平均寿命が8年も短く、かつ病気がちで孤独死の可能性も6割ほど高いという調査結果もあり、この際ピンサロへ行ってでも日常的にキスをしておくことが重要である」と、童貞たちに警鐘を鳴らすコメントもしている。

また、毎朝キスをしているカップルの男性は、事故にあう確立が低く、年収はキスをしていない男性にくらべしていない25%高く、欠勤率も少なく、仕事をバリバリこなすそうです。

こんな記事を見つけました。

心理学教授が解き明かしたキスの秘密

親愛を表す行為として行われるキスによってなぜ喜びの感情を引き出すのか調べるため、キスしたときの一連の化学反応について解析が行われたとのこと。その結果、男性と女性とではキスをしたときの反応がムードによって違うということが判明したそうです。

15組のカップルに手を握ってキスしてもらったときの変化を調べてみると、ストレスホルモンのコルチゾールが減少したそうです。しかし、ストレスを軽減させる働きがあるというオキシトシンに関しては男性のみが上昇。その後、研究を繰り返したところ、女性の場合は大学の保健センターようなムードの少ない場所ではホルモンが急増しないことが分かったそうです。



●脳内ホルモンを使って女性を自分のモノにしたい男性は、女性を虜にする脳内ホルモン恋愛術を。

●情熱的なキスができるセフレを欲しい男性は、セックスフレンド製造マニュアルをどうぞ。
posted by kencompany at 15:41| Comment(0) | 媚薬・催淫剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
女性用の媚薬・催淫剤の効果、作り方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。