心理カウンセラー、古村勇介の無料メルマガ登録で特典進呈
 心理学・脳科学を使った恋愛マニュアル メルマガ登録
メールアドレス: 
名前: 

2010年08月31日

脳内ホルモン、オキシトシンは性欲を高める強力な媚薬

私の著書、『女性を虜にする脳内ホルモン恋愛術』でも詳しく書きましたが、恋愛感情、性欲に深く関係する、脳内ホルモンの一つ、オキシトシン。


オキシトシンは下垂体を経由した血液中、もしくは脳の他の部分や脊髄に直接放出されるもので、出産と母乳養育における役割が最も有名ですが、このホルモンはセックス、性欲にも深く関わっています


「情がわく」という言葉がありますよね。

「情がわいて、別れられない」というようなこともよく聞きます。
この「情がわく」という心理もホルモンがつくり出しているらしいのです。

そのホルモンが、オキシトシン。
絆ホルモンとか、ラブドラッグ抱擁ホルモンなどとも呼ぶ人がいます。


このオキシトシンは出産や授乳以外にも

●好きな人の顔を見つめたとき
●好きな人と触れ合っているとき


にも分泌され、勝手に心のつながりを作ってしまうのです。

つまり、手を握ったり、背中に触れたり、マッサージや抱きついたりというスキンシップを常にはかっていると、オキシトシンが分泌され情が深くなるということです。

オキシトシンは、皮膚同士の接触を含むさまざまな環境刺激とセックスの最中、子宮頸部の刺激に応じて放出されます。体のどこを触られてもオキシトシンレベルが上昇しますが、このことでエンドルフィンとテストステロンの放出を含む広範囲の反応がを引き起こされ、それが生物学的で心因性興奮につながります。

Fotolia_4124682_XS.jpg

耳たぶ、首、性器のような性感帯神経はオキシトシンの影響を敏感に受け、さらに触れられたいという性的な受容性と願望が高まります。そして、さらに触れられることでより多くのオキシトシンが放出され、欲求と興奮がまた高められます。

簡単に言うと、オキシトシンは性的な前戯を誘発し、性的な前戯はオキシトシンを誘発するのです。

オキシトシンは性的な前戯を誘発するだけでなく、強力なオルガスムも引き起こします。

オキシトシンは麻薬よりも強力に女性の脳をコントロールし、性欲を高めてくれます。



●脳内ホルモン、オキシトシンを使って女性を自分のモノにしたい男性は、女性を虜にする脳内ホルモン恋愛術を。

●セフレが欲しい中年男性は、セックスフレンド製造マニュアルをどうぞ。
posted by kencompany at 07:03| Comment(2) | 媚薬・催淫剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アバクロ シャツ:http://www.afinjapan.com/category-489-b0.html
アバクロ ニット:http://www.afinjapan.com/category-488-b0.html
アバクロ メンズロング パンツ:http://www.afinjapan.com/category-495-b0.html
アバクロ メンズショートパンツ:http://www.afinjapan.com/category-496-b0.html
アバクロ レディース:http://www.afinjapan.com/category-500-b0.html
Posted by アバクロ Tシャツ at 2012年11月22日 18:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
女性用の媚薬・催淫剤の効果、作り方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。