心理カウンセラー、古村勇介の無料メルマガ登録で特典進呈
 心理学・脳科学を使った恋愛マニュアル メルマガ登録
メールアドレス: 
名前: 

2010年09月08日

女性の手や顔に触れるスキンシップで脳内ホルモンがドバドバ出る

とっても敏感な手、指の感覚

幼児の場合は別として、異性の二人が手をつなぐのは、恋人同士であって、友人同士の場合は有り得ません。

異性の場合のスキンシップと言えば、まず思い浮かぶのが、この「手をつなぐ」だと思います。

Fotolia_3529720_XS.jpg

なぜ恋人同士は手をつなぐのでしょう?

それは、指先や手のひらが、人間の体の中で最も敏感だからです。

解剖学的に、指先や手のひらには、圧覚や痛覚などの感覚装置が濃密に分布しています。
特に指先には数百万個もの割合で感覚装置が存在し、中でも、圧力を感じるパチーニ小体は、全身の四分の一の量が手のひらと指に集中しています。

また、身体の様々な部位の二点識別閾を調べると、顔と手、指が他の身体の部位に比べて非常に小さいことがわかっています。

この指先の微細テクスチャー(質感)を識別する機能は、視角よりもはるかに優れていて、(粒子の大きさが3μm(1000分の1mm)程度の違いまで識別できると言われています。

だから、目の不自由な人のための点字が成り立つわけです。

Fotolia_1664218_XS.jpg


顔の皮膚もとっても敏感

顔の皮膚も手の皮膚と同様にとても敏感です。

Fotolia_13140217_XS.jpg


顔や手には感覚受容器がみつに集まっていて、顔と手からの情報を受け取る領域が大脳皮質で占めている面積は顔と手が体に占める面積よりはるかに大きいのです。

なので、手をつなぐ。指と指を絡める。

そして、女性の頬に触れ、顔を手のひらで優しく包み込む。

これは、女性の脳に、ラブホルモン、絆ホルモンとも呼ばれる脳内ホルモンのオキシトシンを放出させるのにとても効果的です。

手や顔に触れられることで、女性の脳内にはラブホルモンのオキシトシンがドバドバと放出されて、触れてくれた男性に好意を持ち、もっと触れられたい、キスして欲しい、抱いて欲しいという欲求が湧き出してきます。

女性の心、脳をコントロールして恋人にしてしまう方法については、
女性を虜にする脳内ホルモン恋愛術』をぜひお読みください。

banner-tate-1-c0413.gif

また、心理学、脳科学を元にしたスキンシップ、ボディタッチによって、女性の「触れられたい」欲求を満たしてあげて親密度を深める方法については、『モテる男のスキンシップテクニック』で詳しく解説しています。

cover-skin-s.jpg
posted by kencompany at 08:24| Comment(4) | 媚薬・催淫剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by テイファニー ブレスレット at 2011年04月04日 15:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
女性用の媚薬・催淫剤の効果、作り方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。