心理カウンセラー、古村勇介の無料メルマガ登録で特典進呈
 心理学・脳科学を使った恋愛マニュアル メルマガ登録
メールアドレス: 
名前: 

2010年10月13日

キスをすると脳から麻薬のような媚薬が出る

人間はどうしてキスが好きなのでしょう?

Kiss-lips-kiss-sexy-lips-add-137-Links_large.jpg

それは、キスをすると男女の体内で化学変化が起きるからだと考えられます。

キスを交わす男女の脳内には、脳内ホルモンのエンドルフィン、オキシトシン、デヒドロエピアンドロステン、PEA(フェニルエチルアミン)の4種類の物質が分泌されます。

エンドルフィンは鎮痛物質。

オキシトシンは「幸せのホルモン」とか「絆ホルモン」などと呼ばれていて二人を結びつける作用があります。

デヒドロエピアンドロステンは副腎から分泌されて性ホルモン(女性だとエストロゲン)の元になり、性欲が増進するため、オーガズムに大切なものです。

フェニルエチルアミンは覚醒剤のアンフェタミンやメタンフェタミンの近縁物質であり、生体内覚醒剤と言われていて、恋する人は血中濃度が上昇します。

というように、脳内麻薬とも呼ばれる脳内ホルモンがこれだけ放出されるのですから、キスは天然のドラッグ、麻薬であり、クセになるのも当然です。

133688.jpg

麻薬だからクセになり、クセになるから、またキスをしたくなって、キスをすると脳内麻薬が分泌されてと、恋する二人はもっともっとキスしたくなるわけです。

女性をトロケさすキスの仕方を知りたい人は、
Perfect Kiss フランス美人娼婦が明かす、女性が離れられなくなる究極キステクニック』をお読み下さい。

麻薬よりも強力な脳内ホルモンを利用することで、気になる女性の脳=心を支配し、貴方の恋人にすることができる。媚薬の作り方、媚薬の効果なども網羅し、禁断の媚薬を利用した究極の恋愛テクニックを解説した、禁断の恋愛マニュアルはこちら。

banner-yoko-1-2090e.gif

posted by kencompany at 19:15| Comment(5) | 媚薬・催淫剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
心理学好きなので、とても為になりました!
ちょくちょくおじゃましまーす!
Posted by ハムヒコ at 2010年10月14日 00:05

明るい未来を信じよう♪
暗い日常は自ら切り開くモンだぜ?
http://4er8hth.plistfa.info/
Posted by ちょっとした暇でもヤれる♪ at 2011年03月18日 16:59
アバクロ シャツ:http://www.afinjapan.com/category-489-b0.html
アバクロ ニット:http://www.afinjapan.com/category-488-b0.html
アバクロ メンズロング パンツ:http://www.afinjapan.com/category-495-b0.html
アバクロ メンズショートパンツ:http://www.afinjapan.com/category-496-b0.html
アバクロ レディース:http://www.afinjapan.com/category-500-b0.html
アバクロ 長袖ポロシャツ:http://www.afinjapan.com/category-504-b0.html
Posted by アバクロ シャツ at 2012年11月22日 18:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
女性用の媚薬・催淫剤の効果、作り方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。